キャンピングカー 安全運転 タイヤ点検

公開日: : 最終更新日:2020/06/27 未分類

キャンピングカーのシルエット02 | 無料のAi・PNG白黒シルエットイラスト

筆者のバンコン(グランビア キャンカー)が我が家に来てから、すでに2カ月以上、自宅以外で車中泊は一度も行っていません。コロナのおかげで・・・。

県外へはもちろん、県内でも遠出を全くしていません。

本当にまだ数えるほどの回数しか運転していないのですが、 今回は キャンピングカーの安全運転について、少し考えてみたいと思います。

筆者のキャンカーは、ミニバンを改造したタイプです。

それでも普通乗用車と比較した場合、左右にサイドオーニングも付いているせいもあり重心が結構高いです。普段乗りの通勤専用ハイブリットカーと比較するのもどうかと思いますが、運転感覚がかなり異なります。

実は今回このような話題を紹介したのは、筆者の買った中古キャンピングカー。タイヤの溝はかなり深くあったので、油断していましたが、タイヤの製造時期をその刻印から確認したところ、前輪の2本が2011年製、後輪2本はなんと2005年製だったのです。

4輪とも溝は八分以上あったので製造年はよく見ていなかったのです。

通常、乗用車でも3年から4年を目途に交換を推奨しているようです。まして、このような重量があるキャンピングカーですから、早めの交換は原則です。

この古いタイヤ。よく見ると非常に微細な亀裂が接地面や横面に無数に見られました。

すでに新品タイヤに交換済で亀裂の写真を撮っていないのですが、やはり事故に直結するようなタイヤのバーストは絶対避けたいものです。

ご参考までに、筆者の車のタイヤのサイズは15インチで215 扁平率65でした。備忘録のため、交換したのは2020年6月初旬。費用は4本、工賃込みで7万5千円ほどでした。

事故を起こせば当然、怪我や車の修理にその何倍もいや、場合によってはその何十何百倍ものお金が消えます。やはり、早め早めの交換が”吉”でしょう。 

キャンピングカーだけではなく、一般車を含めた車を所有されている皆様、ぜひ一度ご自分の車のタイヤ点検をされることを強くお勧めいたします。

繰り返しますが、事故を起こしてからでは遅いですから・・。

キャンピングカー買取強化中! | オートガードロッキー
オートガード八戸さんから転用

キャンピングカーのスピードは控えめに

車重が2t以上ある上、重心も高いキャンピングカー。乗用車のつもりでスピードを緩めないまま、コーナーに入ってハンドルを急に切るとバランスが崩れ大きくロールします。特に急なカーブの手前では十分にスピードを落として進入する必要があります。

急ぐ車のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや
いらすとや.com より転用

筆者はまだ自分のキャンピングカーで高速道路を走っていないのですが、キャンピングカーの構造上横風には十分注意して走行しなければなりません。

特に長いトンネルを抜けた直後などでは、急な横風が発生していることもあります。

それでもスピードがさほど出ていなければ横風の影響は少なくなるのですが、やはり高速道路でのスピードには注意が必要です。

現在の車なら、高速道路でも時速100km以上で走行することは十分可能でしょう。しかし筆者は上記のような理由から、出来るだけスピードを落とし、必要なら積極的に登坂車線を走行すべきであるとも考えます。

急が付く運転は禁物

その車重のため、急なブレーキは当然禁物。急ブレーキをかけても乗用車のようにクイックに効きません。同様の理由で急ハンドルも極めて危険です。とにかく急が付く操作は危険と隣り合わせであることを常に頭に入れて運転することです。

そもそも、キャンピングカーはスピードを出して走る車ではないのです。

さらに重量が大きいということはタイヤへの負担も大きいということです。

最近のキャンピングカーの横転事故では、後輪タイヤのバーストが原因で死者まででたというニュースもありました。

走行前のタイヤチェックは常に行うべきでしょう。そういう筆者は走行前のタイヤチェックはほとんど行っていないことに気づきました。

普段、走行する機会が少ないキャンピングカーだからこそ、走行前には少なくともタイヤチェックを今後は行うよう心掛けたいと思っています。

不要な大きな荷物は積んだままにしない

キャンピングカーのキャビン容量は乗用車とは比較になりません。 筆者もそうなのですが、 大きく重い荷物でも何でもついつい積みすぎてしまい、気が付くとそのまま走行していることもしばしばあります。

いらすとや.com より転用

過積載は走行安定性も悪く、タイヤへの負担も少なくないのです。当然、燃費にも悪影響があるわけで、不要な荷物は普段整理してできるだけ積載しないよう気を付けたいものですね。

タイヤ空気圧チェックは必ず乗る前に行うのが吉

タイヤの空気圧シミュレーション【DUNLOP】ダンロップタイヤ 公式
DUNLOP HPより転用

キャンピングカーの増加とともに増えつつあるのが事故です。それも高速道路における横転事故。

タイヤのバーストにより、ハンドルを急に取られ慌てて回避しようとして制動バランスが崩れることで横転する事故がしばしば発生しています。

乗用車と比較するとかなりきわどいバランスで車体重量を支えているのがキャブコンに代表されるキャンピングカー。

もしかすると事前のタイヤの空気圧チェックで回避できたかもしれない、横転事故。

空気圧が低い状態で高速道路をハイスピードで走行することも一因であるということです。

乗用車であれば少々の空気圧不足があってもバーストにまで直結はしない条件でも、重量のあるキャンピングカーではそのリスクが増すのです。

なお、最近では遠隔監視のタイヤ空気圧監視システムというものまであるようです。時代ですね・・。ものぐさな筆者は若干食指が動いております。約4,000円ほどで購入できるようですが・・。


最新版 TPMS タイヤ空気圧監視システム リアルタイムタイヤ空気圧監視フロントガラスにマウント太陽エネルギー/USBダブル充電 振動感知 4外部センサー日本語説明書

Sponsored Link



関連記事

4Kを観るには?録画方法は?

2019年8月。梅雨明け後の一転猛暑続き。皆様いかがお過ごしでしょうか? その後、パナソニッ

記事を読む

”アレクサ ライトを点けて”が快適 蛍光灯をLEDシーリングライトに交換する

拙宅、台所の蛍光灯が故障しました。故障と言うより、器具の寿命ですね。 器具は30年以上前のも

記事を読む

楽天を装った酷いフィッシングメールが毎日のように届く・・。ご注意ください。

以下の文章は詐欺メールから抜粋しました。ご注意のほどを・・。 残念ながら、あなたのアカウント

記事を読む

BOSE イヤーパッド ボロボロで交換

QuietComfort15 パッドは消耗品 擦れてボロボロになったら交換したい このタイ

記事を読む

4K放送 今後に期待できるのか?

昨年暮れからNHKの4K/8K試験放送が開始されたのは周知の事実です。 2018年12月から

記事を読む

Apple Watch Series 5 林檎住人にオススメする5つの理由 購入レビュー

初代のApple Watch を筆者が購入してから、もう5年。 こういったガジェット好きな一

記事を読む

[緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 

これは詐欺メールです。 件名は [緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指

記事を読む

Mac Book air 2011 が遅いのでMacBookPro2018にした件

中古で購入した 「Mac Book Air 2011」もそろそろ4年以上経ちます。CPUは

記事を読む

猫好き 猫ブーム 猫室内飼い

2019年9月9日撮影のキューちゃん我が家に迎え入れた初日借りてきた猫状態・・ 「ねこブーム

記事を読む

ノースフェイス マウンテンパーカー ゴアテックス 

さて、ノースフェイスのリュックの後はこのマウンテンパーカーのお話。 ノースフェイス製リュック

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



シーカヤックをつくる その2 コックピット スターン編

カヤックの組み立ても中盤に差し掛かってきました。今2,020年7月上

自転車道楽 ERGON グリップのすすめ

さて、皆さんバイクのグリップはどのようなものをお使いでしょうか?

シーカヤックをつくる その1 レーザーカットのべニア板キット 

何を思ったのか、本ブログの管理人。シーカヤックを急に欲しくなって居て

自分流 キャンピングカーの活用術

キャンプや旅だけではないキャンピングカーの活用 カヤック カヌー

楽天を装った酷いフィッシングメールが毎日のように届く・・。ご注意ください。

以下の文章は詐欺メールから抜粋しました。ご注意のほどを・・。

→もっと見る

PAGE TOP ↑