タント 社外ナビ バック信号 L375S 純正オーディオ オーディオパネル 交換 | 今日のトレンド

タント ナビ取り付け バック信号 L375S 純正オーディオ オーディオパネル 交換 

公開日: : 最終更新日:2021/05/21 未分類

グランビアの社外ナビ化で調子に乗った筆者・・。

今回は・・・

写真撮って気がつきましたが、ワイパーのステーがハゲてますね・・。
ナビ交換終わったら塗装してあげるからね・・。

カミさんのタントの古い純正オーディオを社外ナビに取替えします。

タントカスタムは大人気ですが、このノーマルタイプのタントに乗られている方も結構多いでしょう。というか、より女性向きになった感が強い印象の2代目タント。

カスタムもカッコいいですが、このノーマルも中々地味に素敵ですね。筆者などたまにしか運転しないのですが、軽自動車と思えない広々した車内にはいつも感心しています。

この2代目タントのノーマルオーディオ。AM、FMラジオの他CDのみを装備してます。が、現在ではちょっと寂しいですね。

そこで、今回は一気に社外ナビにパネルごと交換します。

同様の車種にお乗りの方のお役に少しでも立てれば、と思い恥を忍んで記事にしてみました・・。

さて、確認を進めてはいるのですが、注文中のハーネスやオーディオのパネルが届かないのでまだ作業できません。

これは早速予行演習です・・。

取付予定のナビ本体は準備して待機中なのでありますが・・。

こちらもグランビア同様並行して進捗報告します。では乞うご期待。

ところで、今回の我が家のタントは2代目ですが、現在販売中のバージョンはもう4代目になるんですね。

我が家のタントはもう10年以上になりますが、初代の発売年はなんと、2003年だったんですね。

今や人気も高いダイハツ タント。すでに発売から20年近い息の長い車なんですね。

さて、そんな歴史すらも感じるタント。走っていても結構見かけることが多いですが、お仲間かと思うと好感度もアップしますね。

それではナビ交換に話を戻します。

2021年2月19日、週末前に注文していたオーディオハーネスが届きましたので翌日の20日に作業開始です。

ナビ本体をタントのダッシュボードに置いて準備開始!無事に収まるでしょうかね・・。

下の空調パネルから外します。

空調パネルは、ナビ取り付けでは邪魔になるのでコネクタから一時外しておきます。

また、後で取り付けるので一旦近くに置きます。

空調パネルの外した2つのコネクタ。奥に見える金具とネジがオーディオを固定しています。

肝心の純正オーディオを外す。

車速信号は?どこ?

ところで、今回のタントは筆者のグランビア と違って車速センサーやバック信号線などがまとまったコネクタがあるはず・・。そこでこのオーディオを外した奥のほうをゴソゴソ探します。

やっぱり、ありましたよありました。コレがそうです。

オプション用にしっかり配線されているんですね。ダイハツさんありがとう。^^)

この5Pコネクタに車速信号、バック信号それからサイドブレーキの信号などがきているとのこと。

色分けされているので、web検索して確認したところ、中央の薄緑色が車速信号、右のピンク/黒がバック信号らしい。左の黄/赤はサイドブレーキ信号です(今回はこれ触りません)。

ところで、ネットの情報を鵜呑みにするのもちょっとアブナイので簡単にチェックしました。

今回タントに取り付けるAVIC-HRZ009G のマニュアルを確認するとナビ側の車速信号はピンク色、車両側は薄緑色です。バック信号は車両側が、ピンク/黒、ナビ側は紫/白です。ここ割合間違いやすいので要注意ですね・・。

ちょっとわかりにくいのですが、下の写真がそのまま接続した時の状態です。

ナビ側の車速信号線が短かったので青い線を継ぎ足ししてます・・。

配線を分岐させるときこれが便利でした。今はこんな便利なものが簡単に手に入ります。良い時代です。


エーモン 配線コネクター 赤 AV(S)0.5~0.85sq 8個入 3336

このまま、エンジンスタートして確認しました。

バックギアに入れ、無事にカメラ映像が出てOKです。

写真では反射してしまって、かなり見にくいのですが、実際には後方の様子はしっかりと確認できました。

このバックカメラ、今までなかったのでなおさら便利さを痛感出来そうです。

あとはナビのチェックです。ここは実際に近所を一回りして確認しました。

走行中の自車の追従も問題なくリアルタイムで動きもスムーズでした。

オーディオパネル取り付け

さて、忘れる位到着が遅かった、タントのオーディオパネルがやっと届きました。

パネルとナビ本体固定用金具がセットになった中古ですが、結構良い値段でした・・。こういう部品は高いですな・・。

まずはナビ本体に金具を取り付けします。この金具は左右の印がL、Rと刻印されているので作業も捗ります。

ビスは旧オーディオのビスを再用しました。

アースを忘れるところでした・・。

まだ仮止めなので一旦外し、

先ほど付けた金具と一緒にねじ止めします。

なお、このオーディオパネルは下の空調パネルを外さないと取り付けできませんので、ここではすでに空調パネルは外してありますね。

最後に空調パネルを取り付けて完成です。

さて、オマケですがタントにもやはりバックカメラを取り付けしたことは上で紹介ました。

でも配線がだらしなさすぎて、とてもお見せ出来ないので写真は割愛しました・・。

Before

古い純正オーディオが・・。

After

社外ナビとバックカメラ付きに変身。

今回の出費について

ナビ本体:ヤフオクのもちろん中古で3,980円(送料および税抜き)

バックカメラ:Amazonで一番安い1,200円ほどのもの

ダイハツ車の社外ナビ用ハーネス:600円(送料別)くらいだったかな。安いですね。

タント用の社外オーディオパネル:4,500円程 これが何と一番高いのです・・。ちょっと納得できませんが・・。高いのは純正部品のためか?? ヤフオクも探したのですが、似たような価格でした。今回、筆者の楽天ポイントがあったので半額ほどにはなったのですが・・。でも、ここは見栄えも大事ですからね・・。筆者の車なら付けなかったかも。

以上で合計はおよそですが、約1万円ほど。まあこんなところでしょうかね・・。

結果的にはグランビアで失敗した中古社外ナビをタントで活用できたので良しとすることにしましょう・・^^;)。

延作業時間:おおよそ3時間〜4時間ほどでしょうか。

最後に

筆者のグランビアの方が大変でしたが、タントは小さいけど作業性はよかったですね。でもやはり結構疲れますね。

なお、本記事をご参考にされての作業は自己責任でお願いしますね。

以上、おしまいです。

(Visited 1 times, 1 visits today)
Sponsored Link



関連記事

2019 スマートウォッチitDEAL を試す

火付け役であったアップルウォッチに始まり、その後様々な類似品が出てきました。 価格的には安いが、

記事を読む

ティファール 電気ケトル

いつも手元にお湯を常備できて、便利ですね (adsbygoogle = window.ads

記事を読む

自作PC 旧世代でつくる

CPUは何を使おうか? さて、前記事でメーカー製PCでちょっとした改造をして、また「PCを自

記事を読む

半導体不足 いつまで続く? 

Intel のHPより転用 世界的な問題に発展している半導体不足。 新車販売後の納期か

記事を読む

旧車 LED化 ヘッドライト  メリット ウィンカー ハイフラ対応 グランビア 

平成10年式(1998年)の筆者のグランビア キャンピングカー。 2020年の秋も深まって、

記事を読む

10連休の過ごし方

レジャー? 家でのんびり? 温泉旅行? いろいろ皆さん楽しみに計画されているかと思います。い

記事を読む

アレクサ ライト 蛍光灯  LED化 シーリングライト 交換

拙宅、台所の蛍光灯が故障しました。故障と言うより、器具の寿命ですね。 器具は30年以上前のも

記事を読む

キャンピングカー シェアで利用 車中泊 グランビア 中古キャンピングカー 購入  車庫証明 コロナ避難所 

お題とは関係ないのですが、新型コロナウィルスが猛威を振るっております。困ったものです、というより先

記事を読む

車 LED化 ルームランプ編

前回の記事では車のライト類をLED化しました。 ヘッドライトやブレーキランプ、ウィンカーラン

記事を読む

FFストーブ DIY 施工 灯油 FFファンヒーター 開放型 違い 臭い 

さて、今回のFFヒーターは過去記事でも皆様に何度もご紹介させて頂いた、中華製の車専用FFヒーターで

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



FFストーブ DIY 施工 灯油 FFファンヒーター 開放型 違い 臭い 

さて、今回のFFヒーターは過去記事でも皆様に何度もご紹介させて頂いた

厚生労働省を装った ワクチン接種 詐欺メール 注意

緊急のご注意 表題のとおりですが、厚生労働省を装ったワクチン接

PCモニター 壁掛け DIY メリット  思わぬリスクも

液晶モニターも机上では意外に場所を取っていた Before

カラテア ドッティ 育て方 

さて久しぶりに植物の記事です。 クズウコン科カラテア属、熱帯ア

ロボット掃除機 進化していた 自動ゴミ収集 Honiture Q6スイープロボット 旧機種と機能比較 

最初に買ったDEEBOT N78 筆者が初めてロボット掃除機を

→もっと見る

PAGE TOP ↑