4K放送 4Kチューナー 対応テレビ 普及 録画方法 | 今日のトレンド

4K放送 4Kチューナー 対応テレビ 普及 録画方法

公開日: : 最終更新日:2021/03/16 未分類

2019年8月。梅雨明け後の一転猛暑続き。皆様いかがお過ごしでしょうか?

その後、パナソニックの4Kビエラを毎日使っています。

地上放送をほとんど見ない私はもっぱらBS放送の映画や4K放送を録画して楽しんでいます。

4K放送以外の録画はブルーレイレコーダー(ディーガ)、別の記事で紹介しましたが4K録画はUSB外付けハードディスクで行っています。

それ以前に、そもそも4K放送を観るには?という疑問もあるかと思います。

以下に4K視聴で必要な機器を上げます。

・4Kチューナー(内蔵テレビまたは4Kチューナー内蔵レコーダー等)

・BS衛星放送対応アンテナ(パラボラアンテナ)

・4K対応テレビ(またはモニター)

最近多いのがいわゆる4K対応テレビというクセものです。このテレビはディスプレイ解像度のみ4K対応(3940✖️2160)という仕様になっていてそのままでは4K放送を受信して視聴することはできません。

上記の「4K対応テレビ」で4K放送を観るためには4Kチューナーまたは4Kチューナー内蔵レコーダー等が必要になるのです。

さらに4K放送をそのまま録画するためには、USB外付けハードディスクまたは4Kチューナー内蔵レコーダーが必要ですね。

さて私のUSB外付けハードディスク(バッファロー製で数年前の古いもの)、先日来よりあまり調子が良くなく、とうとう外付けとして認識できなくなってしまいました。

別に無理に取り外したりした覚えもなく、本当に突然認識しなくなりました。

短い期間でしたが、このHDDの中には残しておきたい撮りためた貴重な番組があり、ちょっと諦めきれないのです。

そこで仕方なくHDDケースを分解することに・・・。中身のHDDは無事かもしれないので・・。

実はこのバッファローの「外付けHDD」。ケースは簡単に分解できるものと少し甘く見ていました。

念のためと思って、「バッファロー外付けHDD分解」でググったところ、分解作業としては難易度がかなり高いものだったのです。

確かにHDDのケースにはネジらしきものが見当たりません。分解を困難にするための対策なのかも知れません。

この写真はすでに分解後のものです。

10箇所近いツメでがっちりと組み合わさっていたため、分解は困難を極めました。所謂殻割りというヤツです・・。

マイナスドライバーで抉じた痕が痛々しいですね。後先のことなど考えず、とにかくHDDを取り出すことに注力した結果。

W.D製のHDD(グリーン)が入ってました。このタイプは耐久性でも定評があるはずです。

そこで今回登場するのが、これです。

センチュリー製の「これdo台 PRO HI-SPEED」というちょっと変な製品名のHDDクローンツール。

不具合を起こしたと思われるHDDをダメ元でクローン化するために大枚をはたいて購入。といっても新品は4万円もするので程度の良い中古です。それでも約2万円。

なぜ、このお高い 「これdo台 PRO 」なんというものに拘るのかといいますと、クローン作製機能の中にエラースキップ機能があるからなのですね。

比較的安価なこの手のコピーツールでは、何もなければ一応丸ごとコピーをしてくれますが、万一エラーが発生しているHDDではエラー箇所でクローニングがストップしてしまいます。この一点に尽きます。


センチュリー IDE/SATA-HDD/SSDコピー 「これdo台PRO Hi-Speed」 KD25/35HSPRO

今回、4K録画した番組をどうしても復活させたかったのでとりあえず、同サイズの3TB HDDを別途用意してクローンを作ることにしました。

最初、上記の「これdo台 PRO HI-SPEED」にバッファローから取り出したHDDをDrive1に取り付けユーティリーモードでディスクのチェックを行いました。

結果はすぐに出ました。

エラーセクターなどは無し。ということでどうやらHDDは無事なようです。

しかし、一応別の正常な3TBのHDDを使ってクローンを作製。

10時間ほどかかって無事終了。

次にクローン化したHDDをHDDスタンドに取り付けてテレビ側のUSBにつなぎ、確認します。

ドキドキして内容を表示するボタンを押したところ正常です。

バッファローの外付けケース経由では何をしても表示しなかった番組が全て表示され、試しに再生すると全く問題なく視聴できました。

さらに、バッファローから取り出したHDDを試しに繋いでみると正常です。

ということは、原因はバッファローの外付けHDDケースのUSB変換基盤が異常だったのかな?

(Visited 1 times, 1 visits today)
Sponsored Link



関連記事

車 ソーラーパネル 配線 接続 配線 チャージコントローラー MPPT PWM 性能の比較

中華FFヒーターの電源でもあるサブバッテリーについて紹介します。 筆者が購入したのは、ディー

記事を読む

E-bike バッテリー 3度目の正直か?

注文していたバッテリー届く E-Bike用の筆者愛用のバッテリー(2度目)がまたまた不具合で

記事を読む

ザ・ノースフェイス リュック 容量 ローマースリムデイ レビュー 自転車走行

筆者が数年間使ってきたリュックが草臥れてきた上に、穴まで空いてしまいました。

記事を読む

自作PC 旧世代でつくる

CPUは何を使おうか? さて、前記事でメーカー製PCでちょっとした改造をして、また「PCを自

記事を読む

カラテア ドッティ 育て方 

さて久しぶりに植物の記事です。 クズウコン科カラテア属、熱帯アメリカ原産の多年草植物。 

記事を読む

旧車 LED化 ヘッドライト  メリット ウィンカー ハイフラ対応 グランビア 

平成10年式(1998年)の筆者のグランビア キャンピングカー。 2020年の秋も深まって、

記事を読む

食虫植物をネットで購入できる?? ハエトリソウを買ってみた

我が家の猫のQちゃんの餌やトイレ砂購入時に、いつもお世話になっているペットショップのチャームさん。

記事を読む

楽天を装った酷いフィッシングメールが毎日のように届く・・ ご注意ください 対策

以下の文章は詐欺メールから抜粋しました。皆様、ご注意のほどを・・。 残念ながら、あなたのアカ

記事を読む

ロボット掃除機 進化していた 自動ゴミ収集 Honiture Q6スイープロボット 旧機種と機能比較 

最初に買ったDEEBOT N78 筆者が初めてロボット掃除機を購入したのは、4年ほど前の20

記事を読む

近未来の買い物 買い物カート AI集計 実証実験

スーパーマーケットは日常的にどなたでもよくご利用されていますね。 筆者だけではないと思うので

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



FFストーブ DIY 施工 灯油 FFファンヒーター 開放型 違い 臭い 

さて、今回のFFヒーターは過去記事でも皆様に何度もご紹介させて頂いた

厚生労働省を装った ワクチン接種 詐欺メール 注意

緊急のご注意 表題のとおりですが、厚生労働省を装ったワクチン接

PCモニター 壁掛け DIY メリット  思わぬリスクも

液晶モニターも机上では意外に場所を取っていた Before

カラテア ドッティ 育て方 

さて久しぶりに植物の記事です。 クズウコン科カラテア属、熱帯ア

ロボット掃除機 進化していた 自動ゴミ収集 Honiture Q6スイープロボット 旧機種と機能比較 

最初に買ったDEEBOT N78 筆者が初めてロボット掃除機を

→もっと見る

PAGE TOP ↑