ヤフオク出品でヤフネコを初めて利用した ヤフネコってなに? 備忘録

公開日: : 最終更新日:2019/11/06 未分類

ヤフオクは、私のここ十数年来のライフスタイルの一部と言ってもいいでしょう。

最近はほとんど出品していなくて、もっぱら落札する一方でした。

先日、久しぶりに出品して、さて発送方法をどうしようかと思い考え込んでしまいました。

ここ数年は落札がほとんどでしたが、最近よく目にするのが今回のお題「ヤフネコ」。

私が落札した際にもほとんどの方が、この「ヤフネコ」で送ってくれます。

しかも送料が安いのです。

そもそも「ヤフネコ」ってなに?

ヤフーオークション落札物限定で行なっているクロネコ宅急便で発送できるというサービスです。

他のサービスと比較した表は以下のとおり

ヤクオクサイトより転用

ご覧のとおり。安くてしかも早いさらに有利な点もあり、ヤフオクで出品する際には使わなければ損ですね。ただし上記は出品者負担という点に注意。

それなら自分もと思い今回、試しました。

ヤフーも宅配会社もやはり商売には抜け目がないですね。

そこで色々調べると、この「ヤフネコ」実は、落札者だけでなくむしろ出品者にとっても有利なことが分かりました。

ヤフネコパックはヤフオク・クロネコ・ファミマさらにセブンイレブンも2019年5月から提携開始しています。

便利な世の中になったものです。

以下は今回初めて出品者として利用した「ヤフネコパック」の説明です。

どうやって使うの?

さて使い方は簡単で、出品時にこれを使う設定をするだけなんですね。

送る荷物によってネコポス、ヤフネコ宅急便コンパクト(60cm以下)、さらにヤフネコ宅急便(60〜160cm以内、2〜25kg以内)という分類のいずれかを選択します。

宅急便のサイズについて

ここでちょっと重要なのが荷物のサイズを良く確認することです。

ネコポスやヤフネコ宅急便コンパクト(60cm以下)ならほぼ決定なので問題ないのですが、ヤフネコ宅急便はサイズによって送料が結構変わってきます。

あまりに神経質になることもないのですが、採寸はできるだけ正確に行う方が良いと思います。

落札者さんが支払いを実行すると、今度は出品者側でその荷物のサイズを指定します。

後々にその変更をすることができない(現状は)システムになっているので、実際のサイズが小さかった場合の落札者さんが支払い過ぎた送料を返却することが困難なのです。

そこで例えば差額を返却しようとして、商品の梱包の中に現金を入れたりすることは違法になります。

このようなことを想定して、あらかじめ商品説明の中に送料で差額が発生しても返却しない、という一文を入れておくことも有効かと思います。

本当は、差額が出ないようにするのがもちろん一番です。

実は今回私の梱包状態で少し心配だったのが、実際にスケールで測った3辺の合計サイズが126cmほどでした。

そこで当然一つ上のサイズである140サイズになる訳ですね。

しかし気になったのは、受付で測ってもらう際に測る人によっては、おおざっぱで120cmにしてくれるような方もいる場合があります。

今回は受付の方も140サイズと判断したため、差額はでませんでした。

細かいようですが気にする落札者さんも中にはいますので、気配りは大切かと考えます。

その後、今回の私の出品物は無事に落札者さんに届きました。

でも、届いてから落札者さんが物を確認して、受け取り連絡をしてくれないといつまでたっても私の口座に入金されないので、「ご確認後、忘れずに受け取り連絡をお願いします」という一文を、こちらから催促しておきます。特に相手が初心者さんの場合重要かと考えます。

最終的に今回の落札者さんはすぐに受け取り連絡をしてくれました。

ホッとする一瞬ですね。

という訳で一通り、出品したオークションは終了しました。

ヤフオクで欲しい物を落札するのも楽しいのですが、自分には不要なものを出品して、落札されその結果収入につながる出品も落札とは違った達成感がありますし、例え少額でも収入になる訳です。

お互い顔の見えないネットオークションでは中にはトラブルに発展するケースもあるようです。幸い私はそのような経験はほとんどないのですが・・。

ちょっとした心遣いや気遣いが相手に安心感をもたらすと私は常々考えています。

嫌な思いは誰もしたくないと思いますし、当然トラブルも避けたいものです。

お金だけが目的ではなく、相手の気持ちもよく考えて楽しいオークションをこれからも続けたいと思います。

最後に、今回のお題「ヤフネコ」に戻りますが、とても楽でスピーディな発送をすることができました。

出品時の悩みのタネ。発送がこれだけ楽に安くできると今後出品が億劫でなくなります。小さなものなら送料無料でも良いのかなとも思います。

未経験の方はぜひ一度使ってみることをオススメします。

Sponsored Link



関連記事

軽減税率って何?

消費税が10%になりました! 2019年の10月1日、消費税がとうとう8%から10%に上昇し

記事を読む

クリスタルガイザーのすすめ

より安全においしく水やミネラルウォーターを飲む 水。無色透明で、どこにでもあって私たちの生命

記事を読む

東京オリンピックを見たい

2020年の東京オリンピック。早く見たいものですね。 1964年の東京オリンピック。1956

記事を読む

JCBを騙る詐欺メールにご注意!

Amazonの次はこれですか?ということでご注意ください。 JCBを騙るフィッシングメールが

記事を読む

猫好き 猫ブーム

2019年9月9日撮影のキューちゃん我が家に迎え入れた初日借りてきた猫状態・・ 「ねこブーム

記事を読む

Macで音声入力を試した

音声入力は本当に便利なのか? 今の私のMacのバージョンはMac HighSierra。以前

記事を読む

4K放送 今後に期待できるのか?

昨年暮れからNHKの4K/8K試験放送が開始されたのは周知の事実です。 2018年12月から

記事を読む

DTP作業の椅子を考える ハーマンミラーのススメ

長年、古い学生時代の椅子を使ってきましたが、最近腰や背中の負担を感じています。 学生時代の椅

記事を読む

フレッツADSLが遅すぎて今更コミュファ光にした件

インターネットが常時接続になって、すでに20年以上が経過しています。インターネット接続を始めた当初

記事を読む

またAmazonを騙る釣りメール

このメールです。 平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



オールドレンズ ペンタックス

ペンタックスのデジタル一眼レフと古いKマウントレンズの相性は抜群

ノースフェイス マウンテンパーカー ゴアテックス 

さて、ノースフェイスのリュックの後はこのマウンテンパーカーのお話。

e-Bike のタイヤ交換 ブロックタイヤから街乗り用にした件

前回の記事で普段使いのMTBをe-Bike化した事を紹介しました。

普段使いのMTBバイクをe-BIKE化する お気に入り自転車の電動アシスト化

表題の通りですが、お気に入りのMTBバイクを電動アシスト化します。

NASをメディアサーバーにする Synology DS218play

「NASをメディアサーバーにする」 日常的に使っているブルー

→もっと見る

PAGE TOP ↑