NASをメディアサーバーにする Synology DS218play

公開日: : 最終更新日:2020/01/29 未分類

「NASをメディアサーバーにする」

日常的に使っているブルーレイレコーダ(我が家はディーガ一択)で録画した映像データを何とか一元管理する目的で、NASを使えば実現可能なのではないか?と考えたからです。

NASとは?茄子??那須???

じゃないよな・・

NAS(Network Attached Storage) の略です。要するにネットワーク上に接続された記憶媒体(HDDやSSD)のこと。

さて、USB接続のHDDは、 皆さんにも馴染みある記憶装置ですね。

一方のNASはネットワーク上に接続し、複数のPCやスマホなどからアクセスしたりデータを保存したりといったことを実現するものです。しかし、USB-HDDと比較するとはるかに高機能なものです。

NASそのものは歴史的にはそんなに新しいものではありません。

筆者も名前とおおまかな利用方法程度は知っていましたが、その必要性を最近まであまり考えていませんでした。

今回、筆者は Synology製のNAS(Synology DiskStation DS218play )を入手しましたので、一通りのレビューをしたいと思います。

synologyのHPより転用

結論から言いますと、思っていた以上に簡単にスタートすることができました。


Synology DiskStation DS218play 2ベイ NAS キット 日本正規代理店アスク サポート対応 クアッドコアCPU搭載 保証2年 CS7089

設置はどうするの?

外観は上記のとおりですが、本機の裏面にLAN端子とUSB端子(2つ)、あとは電源アダプタ端子があります。

Amazon商品ページより転用

設置は既存家庭内ネットワーク(カテゴリ5以上)のHUBにネットワークケーブル(付属品)で繋ぐだけです。カンタンですね。

ただし(ここが重要ですが)、この製品ハードディスクは別売りなのです。

したがって、自前でハードディスクを用意する必要があります。

そこで、ちょっと嬉しい誤算が・・。というのは、 最近のHDD価格は驚くほど価格破壊が進んでいました 。

さて、このDS218playには2台のHDDを内蔵できますので、筆者はあらかじめ6TBのHDDを2台手配して準備していました。ただし中古ですが・・。信頼性に一抹の不安はありますが、下の記事にもあるミラーリングでカバー。

当機種はドライブが2台収用できるので、RAID1(ミラーリング)による構成になるのですが、設定はsynology独自のデフォルトでSHRという方式にしました。

さてここでちょっと気になるのは、搭載できるHDDの最大容量です。

当機種の前のDS218jはCPUが32Bitなので最大容量は16TBでしたが、DS218playの方は、64bitCPUなので理論的には最大108TBという途方もない容量を認識できるようです。

このNASの外観は幅広なUSB HDDといったところでしょうか?

USB HDD との根本的な違いはNASは一つのコンピュータということですね。

クアッドコアのCPUやメモリ(1GB)を搭載した立派なコンピュータなのです。

しかし、一般的なパソコンと比較すると極めて小さく消費電力もやはり省電力なのです。

アイドル時 5.16W、負荷時 16.79Wという消費電力量。

しかもアイドル時にはHDDはスリープ状態なので、サーバなどと同様、24時間稼動しても電気料金は月額にしてもほんの僅かですね。

メディアサーバはDS218のほんの一部の機能

実は後から知ったのですが、PCのファイルのバックアップはもちろんのこと、このsynology のNASはアプリをインストールすることでWebサーバ、メールサーバ、私が期待しているメディアサーバ(ディーガの番組を移動したり、あらゆる動画ファイルや音楽データを保存管理)にもなります。

おっとまだありました。なんとDNSサーバーにすることも出来るようです。自宅でドメイン名の名前解決が出来てしまうのです。

ただし、その設定作業はとても困難でしょう。

筆者は現在、このブログ以外にも自宅でWebサーバを公開していますが、DNS(名前解決)は外部の無料DNSサービスで行っています。ただ、インターネットのグローバルIPアドレスが固定ではないため、グローバルIPアドレスが変わったタイミングで頻繁にDNSサーバにその都度設定し直しています。これが結構面倒なのです。

例えば、自宅ルータの電源が停電などで切れると、当然ルータが再起動してグローバルIPアドレスが書き変わります。また、インターネットプロバイダー側の都合で変わることもあります。

現在、筆者はそのようなグローバルIPアドレスが変わった際に、ドメインサーバアドレスの手直しは大変なので無料のツール(Dice)を定期的に自動実行させて対処しています。

という訳でDNS一つとってもこのブログの一記事以上になりそうな深い内容になるのですが、ここでは割愛しましょう。

その他多くの機能があってとても簡単に紹介できませんし、まだもちろん筆者も把握しきれていません。そのあたりはまた追々紹介したいと思います。

さらに「Quick connect」という機能で出先からそれらのデータファイルを参照したりダウンロードも出来ます。

ほとんどのアプリが無料で提供されていて、簡単なセットアップが終了すればすぐにそれらの機能を使えます。

先ほどからディーガ ディーガと繰り返していますが、今やブルーレイレコーダーの1台や2台はどこのご家庭にもありますね。

筆者は従来から、テレビ録画した(主に映画が9割以上ですが)番組データをレコーダのHDDにため込んではブルーレイディスクにまとめて保存しておりました。

録画した番組をすぐに観て消去するような使い方なら、そんなに悩みはないと思いますが、残しておいて繰り返し観たい映画などは溜まる一方です。

ブルーレイレコーダのHDD容量の問題もあります。番組を撮り溜めたままだとHDDもすぐに一杯になってくるという事情もあります。

ブルーレイに保存する手間も中々やっかいでめんどくさいです。

レコーダ(ディーガ)に外付けUSB HDDを繋いで残すやり方もあるのですが、この方法では他の部屋の機器で観れなかったり、仮に見えても設定などが大変でUSBという非常に不安定な規格故トラブルも多いのです。

そのような諸事情から何とか一元管理出来ないものか?以前から一つの悩みの種でした。

そこでNASに目を付けた訳ですね。

ただし、筆者が一番欲しい機能「ディーガで録画した番組をムーブ」するためのアプリは有料($8.5)で日本円で約1,000円でした。支払いはクレジットカード。

「sMedio DTCP MOVE」 というアプリです。

これが無いと始まらないので、 もちろん 真っ先にインストールしました。インストールするとログオン後のデスクトップ(DS218のという意味)にこんなアイコンができます。

株式会社sMedio 社さんのHPより転用

ディーガの録画ファイルをNASにムーブできた

とりあえず、実際にディーガの録画データをこのNASに移動してみました。

その操作はブラウザベースのGUIで行うので直感的に楽に操作できますので、難なく移動できました。

ただし移動に関して、少し注意があります。ディーガだけの問題ではないと思いますが、番組を移動したが最後、移動先が最終置き場になります。

よく「墓場」などと表現されているとおりの状況になるわけです。したがって移動した場所からさらにまた移動したりコピーしたりすることはできませんし、もちろん編集などもできなくなります。視聴するかあるいは削除する以外は全くできなくなるのです。

Webサーバも設定してみた

さて、いろいろな点で気に入っているシノロジーですが、次にWebサーバを構築してみました。

Webサーバ構築といっても、それほど大げさなものではなく、ウェブステーションと言うアプリをSynologyにインストールするだけで運用できるのです。

本当に簡単すぎて拍子抜けするほどです。

このスクリーンショットが実際の筆者のWebサーバのデータファイルの状態になります。

ウェブステーション アプリを設定することでホームフォルダの配下に「web」というフォルダが作成されるので、あとはindex.html ファイルを置き必要なコンテンツ情報も同配下に配置するだけという単純な作業でWEBサーバを構築できます。

とは言えルーターのポート設定は当然必須ではあるのですが・・。

synology の設定画面からFile Station を開いたところ

さて、簡単にWeb公開も出来るのですが、このsynology NAS の利点としてさらに便利で助かる機能に「Quick Connect」というものがあります。

これは、宅外からでもこのサーバにアクセス出来てファイル更新ができるのです。

どういうことかと言いますと、従来であれば筆者の自宅サーバは、自宅の古いMacに自宅からログオンしないとWeb更新することはできなかったのですが、上記の機能の恩恵で出先にいても、自宅サーバのWeb更新が可能になるのです。

次回は、Photo Station(写真ファイルの管理アプリ)なども紹介したいと思います。

Sponsored Link



関連記事

軽減税率って何?

消費税が10%になりました! 2019年の10月1日、消費税がとうとう8%から10%に上昇し

記事を読む

”アレクサ ライトを点けて”が快適 蛍光灯をLEDシーリングライトに交換する

拙宅、台所の蛍光灯が故障しました。故障と言うより、器具の寿命ですね。 器具は30年以上前のも

記事を読む

孤高のイヤホン SHURE SE846  

ヘッドホンやイヤホンは過去ずいぶん多種多様な機種を愛用してきました。 一時STAXに凝ったこ

記事を読む

4Kを観るには?録画方法は?

2019年8月。梅雨明け後の一転猛暑続き。皆様いかがお過ごしでしょうか? その後、パナソニッ

記事を読む

ヤフオク出品でヤフネコを初めて利用した ヤフネコってなに? 備忘録

ヤフオクは、私のここ十数年来のライフスタイルの一部と言ってもいいでしょう。 最近はほとんど出

記事を読む

スーパーのざる蕎麦をより美味しくする方法

そば好きです。1年中そばを食べています。ざるそばが特に好きですね。 専門のおいしい蕎麦屋さん

記事を読む

Jabraの イヤホンを使う さらに故障顛末記

故障修理に出す前に撮影しました ヘッドホンやイヤホンを私は日常でよく使います。BOSEのQu

記事を読む

e-Bike のタイヤ交換 ブロックタイヤから街乗り用にした件

前回の記事で普段使いのMTBをe-Bike化した事を紹介しました。 さてこのMTBですが、良

記事を読む

[緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 

これは詐欺メールです。 件名は [緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指

記事を読む

イチローさんありがとう

清々しさが残った引退会見でした まさにトレンドな話題ですが、マリナーズのイチロー選手

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



オールドレンズ ペンタックス

ペンタックスのデジタル一眼レフと古いKマウントレンズの相性は抜群

ノースフェイス マウンテンパーカー ゴアテックス 

さて、ノースフェイスのリュックの後はこのマウンテンパーカーのお話。

e-Bike のタイヤ交換 ブロックタイヤから街乗り用にした件

前回の記事で普段使いのMTBをe-Bike化した事を紹介しました。

普段使いのMTBバイクをe-BIKE化する お気に入り自転車の電動アシスト化

表題の通りですが、お気に入りのMTBバイクを電動アシスト化します。

NASをメディアサーバーにする Synology DS218play

「NASをメディアサーバーにする」 日常的に使っているブルー

→もっと見る

PAGE TOP ↑