ステイホームも悪くない 今は辛い時期 いつかは収束する コロナショック | 今日のトレンド

ステイホームも悪くない 今は辛い時期 いつかは収束する コロナショック

公開日: : 最終更新日:2020/11/18 未分類

筆者も辛いです。本当に・・・。

でも、いつかは収束します。

リーマンショックの時も今回同様、あの時は全ての人に影響があった訳ではありませんでした。

その辺りが今回のコロナショックとは性質が異なるのです。

今回はあらゆる職種に影響を及ぼすウィルスという外的要因によるものです。

リーマンショックは内的要因です。金融機関の破綻や危機が続いて金融機関のリスク管理強化がされた一方失業率増加、雇用、賃金・消費回復までに長い期間を要しました。

金融市場の不健全なバブル崩壊がリーマンショック。

一方、健全な経済状態の社会に外部から入り込んだのがコロナショック。原因は経済ではなくウィルスの蔓延とその防止策にあります。

政府が感染防止を懸念する余り、人々の行動を抑え込んだ結果生じた需要の急減速にあると筆者は考えます。これは世界規模です。

もちろん、今後のウィルス感染状況の度合いには注目しながらの対策も当然必要でしょう。

いつ収束するか?は誰にも分かりませんが、このまま経済が停滞すればいずれはリーマンショック時のような金融危機も起こるでしょう。

もっと端的いうと今回のコロナショックでは多くの方が直接亡くなられています。リーマンショックにはなかったことです。

いずれにせよ、過去に収束しなかった世界危機はありません。

それではいつ頃終息するのか?

実は 1,346名の医師 にアンケートを行った結果があります。

それによると、2021年7月という回答が圧倒的に多かったようです

懸念されるのはちょうど延期された東京オリンピックと重なることですね。

いつかは分かりませんが、必ず終息してかつての日常は戻るものと信じ、希望を持つことも大事ではないでしょうか。

ステイホームという言葉も今回よく耳にします。運動不足も良くありませんが、ストレスにも注意が必要ですね。

家の中にただボーとしていても面白くはありません。いろいろな工夫が必要です。

筆者はどちらかというとアウトドア派でしょうか。この初夏の時期に出歩くことが出来ないのは確かに辛いです。

そこで、ちょっと視点を変え部屋の整理をするのも悪くありません。とにかく今は辛抱の時期であると言い聞かせて耐えています。

日本の場合、感染状況も収束に向かったか、と思える今が一番危ないのではないでしょうか?

もう少しの辛抱です。一刻も早くかつての日常に戻ることを切に願います。

その後2020年11月現在、とうとう第三波到来です・・。ワクチン開発と承認が待たれるところですが、いつになるのか??

(Visited 1 times, 1 visits today)
Sponsored Link



関連記事

MacBookPro2018 4コア メモリ 旧i7 比較

中古で購入した 「Mac Book Air 2011」もそろそろ4年以上経ちます。CPUは

記事を読む

初代iPod Classic 元祖 携帯音楽プレーヤー 変遷 

発売は2001年頃だったでしょうか?もう20年にもなるんですね・・。 発売から2〜3

記事を読む

レーザーカット ベニア板 シーカヤック キット  コーミング取付  全体の組立 仕上 塗装

カヤックキットの制作開始から早、一カ月以上が経過しました。 前回の作業はこんな感じでした(以

記事を読む

キャンピングカー シェアで利用 車中泊 グランビア 中古キャンピングカー 購入  車庫証明 コロナ避難所 

お題とは関係ないのですが、新型コロナウィルスが猛威を振るっております。困ったものです、というより先

記事を読む

アグラオネマ ピクタムを育てる 迷彩柄 aglaonema pictum tricolor

さて、その後アグラオネマ・ピクタムが我が家の小さな植物園に仲間入り。 この品種はインドネシア

記事を読む

MTB変速機 故障修理 ワイヤー取替 調整

毎日乗っている自転車の変速機が故障しました。 正確には変速機の故障というより、変速機を制御す

記事を読む

歯磨きの革命とは??

スウェーデンは世界一の歯の先進国だった・・!? またまた「ためしてガッテン」より貴重な情報を

記事を読む

ティファール 電気ケトル

いつも手元にお湯を常備できて、便利ですね (adsbygoogle = window.ads

記事を読む

カーオーディオ スピーカービビリ音 対策 エッジ交換 DIY 

スピーカからビビリ音 さて、前の記事でグランビアの社外ナビ化をしましたが、その後ちょっとした

記事を読む

JCBを騙る詐欺メールにご注意!

Amazonの次はこれですか?ということでご注意ください。 JCBを騙るフィッシングメールが

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑